2016年07月28日

ガーデニング用品 大阪

お部屋の中にあると、癒しの空間を作成してくれる観葉植物。
お花屋さんや、ガーデニング用品を扱ってる店に足を運ぶと、多種多様な観葉植物がある。
成長させやすく、丈夫なものに、パキラやカポック、ブラッサイア等がある。
殆どの観葉植物は、直射日光を敬遠した室内の明るい場所を好みたいとおもう。「明るいレースカーテン越しに置いて欲しい」と良く云われるが、現実には、なかなかどうして都合よくはいかないのだ。明るい室内であれば、充分に成長してくれる。

コンテナの素材には、樹脂、素焼き、木、陶器、サンドプランター、ハンギングバスケット等に使用されているヤシ柄マット等がある。
樹脂は、軽くて割れにくく、値段もお手ごろであるためであるが、蒸れやすいと云う難点がある。風通しの良い場所で使用した方が良いのである。
素焼きは、粘土を焼いたもので温かみがある。テラコッタとも呼称されている。

挿し枝と云うのは、大幅になった植物の枝を切り、コップ等に水を入れたものに挿しておき、根を出させる方法である。
ただ枝を切るだけでなく、切った枝は上から2、3節を残して下葉をちぎり取っておくるのだ。この葉をちぎった節目あたりから根が出やすいのである。
挿し枝は、真夏と真冬を除いた時期ならどんな時であっても実践する事がでくが、1番根が出やすいのは植物の成長期に当たる5から7月である。

あれ、シャベルどこに置いたっけ、はさみが見当たらない、等の経験はあらないだろうか?ポケットがいくつも付いていれば、使い完了したらすぐにポケットに入れておいて、なくして探し求める手間がはぶける。
大きさやデザインも、多種多様なものがあるが、使用しやすい物が1番である。
お気に入りのガーデンエプロンを見つけて、ガーデニングをより心地よく、楽しくして欲しい。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。